気になるとこ確認。

昨日バタバタして、
本日はツーリング行かず。

気になるとこ、ちょっと確認。
キャブのパイロットエアスクリュー
現在の調整状況を確認。
FX_pilot_air_screw_2024_0512.jpg
締め込んでみると、1と1/4回転。

これはつまり...
サービスマニュアルの規定値通り。

1と1/2回転緩めて1/4回転締め込んで
元に戻しました。

他の気筒も同じかと思いますので
ここは、これ以上触らず。

何処へ寄せたか行方不明だった
後付タコメータ出てきたので
付けてみました。
FX_taco_add_2024_0512.jpg
一番外側のハイテンションコードに
センサーケーブルを巻き付け。
初期値のままエンジン始動させて
回転数は検知したので設定。

4スト4気筒は「2P1r」に
設定するのですが、
設定方法に四苦八苦。

始動すると...
それっぽい値なのですが、
そうじゃないかと思ってた
予想通りです。

このプラグコードのパルスを拾う
メーターを信用すると、
純正アナログメーター
狂っています。

アイドリング付近で500回転位
多めに針が振れてる状況。

どうりで低速域で
かぶり気味なわけです。
回し足りない。

エンジンの劣化じゃなくて
メーターの劣化。

走行時、3,000~5,000rpmでの
狂いがリニアなのか
狂いが非線形であれば、
ぶん回した時はどうなのか、
今度走るときに確認します。

データ取得できたら撤去予定です。
アナログメーターの狂いは
修正無理でしょうし
電気式タコに交換するつもりも無いし
狂いは頭の中で補正する事にします。
(ここにお金かけてる場合じゃないので)

この記事へのコメント