予備タコメーターで検証。

タコメータが数百回転
余計に示す狂いが判明しましたが、
そういえば予備持ってました。

10何年か前に
ヤフオクで8,000円位で
競り合わずに落としてもらって
入手したと記憶しています。
fx_taco_yobi_2024_0516_1.jpg
外観から判断:
・10,000rpmからレッドゾーン
⇒Z500や550は9,000や9,500から
・オイルプレッシャーとストップランプ切れ警告灯あり
⇒別車種だと片方だけの場合あり
・内側に青っぽい縁あり
⇒FX-E1~E3用、E4は縁なし

というわけで
外観似たメーターが
世の中に多数存在しますが、
正真正銘のZ400FX-E1~E3用です。

以前10万キロ直前の
メーターオーバーホール時に
業者へ部品取り用として
渡していたので、
カシメ外れてました。
fx_taco_yobi_2024_0516_2.jpg
残念な傷。
fx_taco_yobi_2024_0516_3.jpg
艶消し黒のタッチペンで
慎重に補修するしか無いです。

針先の褪せた赤も修正できますし、
そのうちやってみたいですが、
本日はそれでは無く...

タコのケーブルだけ外して、
このメーターぶら下げて
例のデジタルメーターで
比較してみました。
fx_taco_yobi_2024_0516_4.jpg
メーターの電装コネクタを
スロットルケーブルに
引っかけてる状態。

どうなったかというと...
fx_taco_yobi_2024_0516_5.jpg
デジタコが1,430rpmの時
500rpm前後。

全く逆で上がり足りません。
もうちょっと続けると、
fx_taco_yobi_2024_0516_6.jpg
デジタコが2,110rpmの時
ようやく1,000rpm前後。

1,000rpm位不足してます。

再び元に戻して現状把握。
fx_taco_yobi_2024_0516_7.jpg
デジタコ1,130rpmの時
1,500rpm。

400rpm位多く示す感じ。
(メーターはともかく、これが丁度良い
アイドリング回転数だったりします。)

まだこっちのほうが誤差少ないです。
アナログ計に、これ以上の精度
求めちゃいけないのかも。

結論:
交換せずに、やはりこのままとします。
今後、走行時の誤差を読み取っておきます。

今付けてるデジタコは邪魔なので臨時。
恰好良くて、もっと小さい物あれば
併用したいです。

再び予備メーター。

メッキの外観、アッパーは
かぶせてるだけなので
外れるはずですが、
固くて抜けず...
fx_taco_yobi_2024_0516_8.jpg
外れたと思ったら、
黒じゃない変な色。
fx_taco_yobi_2024_0516_9.jpg
更に内側のスリーブ
外れるんですね。
fx_taco_yobi_2024_0516_10.jpg
ひょっとしたら、
ここの有無で
E1~E3かE4なのかも。

と思って試してみましたが
がったがたで駄目でした。
やはりE4だと全く別です。

ここらへんは問題無さそうです。
fx_taco_yobi_2024_0516_11.jpg
あっ、ダンパーゴムが無い。
(痕跡だけ残ってます)
入れ替えするなら流用ですね。

ロワーカバーの内部は...
fx_taco_yobi_2024_0516_101.jpg
錆っ錆です。
(ここは今でも社外品で出てるはず)

因みに、ロワーカバー留めてる
袋ナットは黒色で純正品っぽいです。
(どうって事無いですが、やはり貴重)

誤差は大きいですが、
使っていくうちに
正確になる可能性ありますし
地道に綺麗にして
使える状態にしてみます。

PS:
高精度な電気式タコに入れ替えれば
それで即、解決する話なのですが...

二十歳の頃に乗り始めた夜
緑色に光る、このメーターが
とても印象的でした。

なので私、気が付けば
シンプルかつ整ったデザインの
このメーターへの思い入れが
強すぎるかも?
fx_taco_yobi_2024_0516_desk.jpg
これを電気式に改造した話も
聞きますが...
どうするか気長に考えてみます。


2024/5/20
ロアカバー磨いてみました。

内側は、花咲かGのサビ取り、
fx_taco_yobi_2024_0520_12.jpg
大体綺麗になってから
銀色のタッチペンで。

外側はピカールで。
(あまり違わないです)
fx_taco_yobi_2024_0520_13.jpg
使えるレベルに。

この記事へのコメント